岡田式食事法の紹介

岡田式食事法の紹介 生きる基本ともいえる毎日の食事。「おなかが満たされればそれでいい」では、少しもったいないと思いませんか。
 生活習慣病が増加する中で見直され、海外からも注目される日本型食生活を取り入れ、自然の豊かな恵みと生産者の愛情がこもった自然農法農産物や有機食品を用いた料理を楽しんで食べてみましょう。
 岡田式健康法の食事法は、食を楽しみながら個人や家庭の食生活の改善を図り、心と体を健やかに育む、自然尊重・自然順応を基本とした健康法です。
 
 岡田式食事法には、幾つかのポイントがあります。
 
1.植物性食品と動物性食品の割合などを考慮した「食事のバランス」
2.主食の米と野菜を中心にした「日本型の食事」
3.生命力の高いものや旬のものなどを用いる「食材の選び方」
4.素材を生かすなどの「調理の工夫」
5.3食を適量で美味しく食べるなどの「リズムと量」
6.美味しく、楽しく、感謝して「食事を楽しむ」
 
 食生活を整えていくと、人間が本来持っている自然治癒力の活性化につながります。そうした中で生活習慣にも変化が生まれ、心や言葉、行動がより良い方向へと変わっていく人も多いのです。おうちご飯レシピを参考に毎日の食事を見直してみませんか。
 
 岡田式食事法の講座はこちら

 日本人は、四季折々に取れる野菜や魚を、ご飯と合うように調理して上手に食べてきました。伝統的に食べてきた野菜や果物、魚介には、がんや老化の予防につながるフィトケミカルなど有効な成分が含まれています。祖先から受け継がれてきた食文化は日本人の健康に役立っており、海外からも注目されています。
 MOAの創始者・岡田茂吉は、食事を通じて自らの健康を回復した経験などから、消化・吸収など体の機能を活発にし、人間が本来持っている自然治癒力を活性化させる食物の働きに注目しました。健康な土で育った米や野菜、新鮮な魚介など生命力あふれる食物が体の機能をより高め、活力となって心身の健康につながると考えたのです。

ミニ体験談

 両手にできた湿疹が1カ月ほどで全身に広がり、激しいかゆみやむくみで休職せざるを得なくなりました。MOA食育指導員の知人から食事法を勧められ、間食をやめ、野菜を中心にし、調理も薄味を心掛けました。1カ月ほどで顔や腕のかゆみやむくみが治まり、4カ月で職場に復帰。一緒に食事をした夫の糖尿病の数値も正常になりました。
 復帰した職場ではアトピー性皮膚炎に悩む同僚のことが気に掛かり、力になれればとの思いから体験を伝えて岡田式健康法を紹介し、とても喜ばれました。人の役に立てることに私自身も喜びを感じました。
 
あなたの体験談を教えて

MOA自然農法の紹介 小さじ一杯の土には1億くらいの微生物が存在しているといわれています。それらの微生物が作物の根の周りで活発に活動し、病原菌や害虫の侵入を防いだり、土の中の栄養分を集めたりして、作物の健康を守っているのです。
 MOA自然農法は、化学農薬や化学肥料を使用せず、自然尊重・自然順応を基本に土本来の力を発揮させる生産方法として、1935年に岡田茂吉によって提唱されました。
 私たちの健康に欠かせない食を支える農産物を生み出すだけでなく、自然環境を守り、人々の生活や文化を支える基盤でもあります。(一社)MOA自然農法文化事業団では営農の手引きとして「MOA自然農法ガイドライン」を定めており、それに基づく栽培技術は家庭菜園にも応用されています。自然のサイクルを生かしたMOA自然農法は、環境保全型農業としても注目され、農林水産省のコンクールで表彰された生産者や団体も少なくありません。
 各地の自然農法実施農場では、子どもたちが収穫を楽しんだり、土に触れて遊んだりする機会も設けられています。保護者も「自然農法の土は安心して触れますし、ふかふかしていて気持ちいいですね」と笑顔で見守っています。

毎日の食事、変わりましたか? コロナ禍の中で食事と心身の健康との関係があらためてクローズアップされるようになりました。
 ある調査*1では、食事の際に13.6%の人が栄養バランスを考えるようになった、14.3%の人が免疫力を意識するようになったと回答しています。多くの人が自身や家族の健康を強く願っているのです。
 別の調査*2では、有機食品(オーガニック食品)を利用し始めたきっかけとして、22.6%の人が自分や家族が病気にならないためと答えています。さらなる健康を目指して、有機食品を食卓に取り入れてみませんか。
 
 (一財)MOA健康科学センターによる、腸内細菌叢(そう)の変化を調査した研究があります*3。有機農産物をほとんど食べていない男女18人を3グループに分けて、グループごとに「緑肥のみの自然栽培」「緑肥と牛ふん堆肥と米ぬかを用いた有機栽培」「緑肥と牛ふん堆肥と化学肥料を用いた慣行栽培」で作ったニンジンをジュースにして1日1回14日間摂取。
 各グループのふん便から腸内細菌のDNAを採取して調査した結果、慣行栽培のニンジンを摂取した人よりも有機栽培、自然栽培のものを摂取した人の方が腸内細菌叢の変化が大きかったことが分かりました。健康への影響や変化の意味合いを明確にするのは今後の研究の課題です。

*1 電通・食生活ラボ「新型コロナウイルス感染拡大における食生活の変化についての生活者調査」(2020年)
*2 農林水産省「有機食品等の消費状況に関する意向調査」(2019年)
*3 (一財)MOA健康科学センター加藤孝太郎研究員「自然・有機・慣行栽培ニンジンの摂取によるヒト腸内細菌叢の変化」(第10回岡田式健康法研究会発表)

講座案内/岡田式食事法── こんな方にお薦めです
 
・料理や食べることが好き
・食生活改善のヒントが欲しい
・伝統食や旬の大切さを新しく学びたい
 
 岡田式食事法の講座は全3講あります。テキスト『元気になる食事法』で、ご飯とおみそ汁を中心にした日本型食生活の大切さなどを確認します。実演からは調理のコツ、自然治癒力を高める食事法のアイデアを得ることができます。食生活の変化が心と体にどう影響していくのか、やってみた日々の経過を「チャレンジシート」で振り返ります。
 講座を修了するとMOA食育推進員として認定します。食事法を心と体で楽しみながら生活習慣を見つめ直し、家族や友達などと一緒に、健康について考えてみましょう。
 講座で学んだ考え方やノウハウ、喜びを広く伝えていきたい方には、指導員へのステップアップ講座もあります。

費用(税込)

受講料   5,500円(テキスト代含む)
実習材料費 実費
更新料   3,500円(3年ごと)

主なカリキュラム

第1講座
・生活習慣を把握して「チャレンジシート」に改善目標を記入
・講義『元気になる食事法』テキストの学び
・実演「だし取り」
・ホームワーク「チャレンジシート」で生活習慣改善にチャレンジ
 
第2講座
・「チャレンジシート」などの結果発表
・講義『元気になる食事法』テキストの学び
・実演「ご飯の炊き方」
・ホームワーク「チャレンジシート」で生活習慣改善にチャレンジ
 
第3講座
・「チャレンジシート」などの結果発表
・講義『元気になる食事法』テキストの学び
・実演「旬の食材を使った一品づくり」

※新型コロナウイルス感染症対策のため、実演を休止する場合があります。

講座に関するお問い合わせはこちら

 栄養バランスに優れた日本型の食事は一汁三菜が基本。今では、健康食として海外でも人気です。「ヘルシー」「体にいい」「見た目もきれい」……。そう分かってはいても、毎日理想通りにというのは、なかなか難しいものです。
 ここでは岡田式食事法の考え方に基づきつつ、時短の知恵も織り交ぜた、楽しく作って楽しく食べる「おうちご飯」のレシピをご紹介します。
主な食材や調味料は、MOA自然食品を使用。考案者であるおうちごはん研究家の金丸利恵先生は「一般品と同じ方法、分量で料理を作っても、MOAの調味料や食材だとワンランクもツーランクも美味しさがアップする」とコメントを寄せてくださっています。
 安全・安心で、楽しく、美味しく、健康に! 免疫力アップの重要性が叫ばれる今、おうちご飯から健やかな暮らしを見つめ直してみませんか。

金丸 利恵(かなまる・りえ)金丸 利恵(かなまる・りえ)
 
おうちごはん研究家。管理栄養士。分子栄養医学研究会認定カウンセラー。食生活アドバイザー2級(FLAネットワーク協会認定)。国際薬膳食育師3級(国際薬膳食育学会認定)。スパイスコーディネーターマスター(SCA認定)。飲食業界にてメニュー作成やレシピ開発、イベント企画などを経験。現在はメタボ予防の特定保健指導や栄養コラムの執筆、オンライン料理教室、食育講座、健康的に痩せるダイエットプログラム、およびカウンセリングを開催。「楽しく作って、楽しく食べる!」「おうちごはんが一番のごちそう」をモットーに、簡単、美味しい、体が喜ぶ家庭料理を提案している。
https://ouchi-gohan.net

季節別

PAGETOP