イワシと夏野菜のさっぱり揚げ浸し

タグ:

イワシと夏野菜のさっぱり揚げ浸し

利恵先生からのワンポイント

  • イワシはしっかりと洗って拭き取ることで臭みが抑えられますが、それでも気になる時は塩水で洗ってください。
  • 骨が気になるとおいしさが半減しちゃいます。見える骨は取り除いておきましょう。
  • 温かくても、冷蔵庫で冷やして食べてもおいしいですよ。

材料(4人分)

イワシ 5尾
かたくり粉 適量
カボチャ 1/8個
ゴーヤ 1/2本
パプリカ 1個
a)水
  かつおしょうゆ
  酢
  砂糖
200cc
大さじ4
大さじ4
大さじ2
揚げ油 適量

作り方

  • イワシは頭を切り落とし、腹に切り込みを入れたら、包丁で内臓をかき出してから中を水できれいに洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取る。
  • 身と背骨の間に親指を入れたら、左右に指を滑らせながら背骨を剝がして身を開く。尾に付いた骨を折り、親指と人差し指で浮いた骨をつまんだら、頭に向かって滑らせていき下側の中骨を剝がす。両側の腹骨は包丁で切り落とし、残った骨は手で取り除く。
  • 2の尾を切り落とし、真ん中で切り分けて半身にし、さらに半分にそぎ切りしたら、かたくり粉をまぶす。余分な粉をはたいておく。
  • カボチャは種を取り除き、薄切りにする。ゴーヤは縦半分に切り、種とわたを取り除いたら、1㎝幅に切る。パプリカはへたと種を取り除き、食べやすい大きさに乱切りにする。
  • a)を鍋に入れ、中火にかける。混ぜながら一煮立ちさせたら火を止める。
  • フライパンに多めの油を入れて中火にかけ、4を揚げ焼きしたらキッチンペーパーで油を切る。
  • 3も揚げ焼きにして油を切ったら、6とバットに並べて5をかける。
  • 味がなじんだら、器に盛り、残った汁をかける。

使用したMOA自然食品

片栗粉/かつおしょうゆ/瑞雲純米酢まろやか/ミネラルシュガー/コーンサラダ油
 
 
※このレシピは機関誌『楽園』80号(2020夏)に掲載したものです

PAGETOP