サケと秋野菜の甘辛あん

タグ:

サケと秋野菜の甘辛あん

利恵先生からのワンポイント

  • 秋のサケは低カロリーなのに栄養満点。身もしっかりしていて扱いやすいので、いろいろな調理で楽しんで。
  • サンマやサバなどでもお試しあれ。
  • サケのビタミンDは風邪などの感染症予防に効果的。乾燥が始まる秋口にお薦めの食材です。

材料(4人分)

生サケ 4切れ
少々
ナス 2本
カブ 1個
レンコン 5、6cm
水菜 1/4束
かたくり粉 適量
サラダ油 適宜
a)濃い口しょうゆ
  砂糖
  酒
  みりん
大さじ2
大さじ2
大さじ2
大さじ2
いりごま 適量

作り方

  • 生サケは表面の水分を拭き取り、一切れを3等分にして塩を振る。
  • ナスはしまになるように皮をむき、1㎝幅の輪切りにする。カブは皮をむき、放射状に8等分に切る。レンコンは皮をむいて1㎝幅の輪切りにする。水菜は3㎝幅に切る。
  • フライパンに多めのサラダ油を熱する。ナスを入れ、焼き色が付いたらひっくり返し、もう片面も焼いたら取り出す。カブも両面を焼いて、中まで火が通ったら取り出す。
  • レンコンに薄くかたくり粉をまぶす。フライパンにサラダ油を追加して、レンコンを入れる。表面がカリっとするまで、中火でじっくりと焼いたら取り出す。
  • ①にかたくり粉をまぶす。油を足したフライパンに入れて、両面がこんがりと焼けたら取り出す。
  • フライパンの汚れをキッチンペーパーで拭き取ってきれいにする。a)を入れて中火にかけ、ふつふつと軽くとろみが付くまで混ぜながら煮詰める。
  • 3、4、5を入れたら、サケが崩れないように気を付けながらたれを絡める。
  • 器に水菜を敷き、7をのせて、いりごまを散らす。

使用したMOA自然食品

さけ切り身(無塩・冷凍)/片栗粉/コーンサラダ油/瑞雲醤油こいくち/ティーシュガー/有機いりごま白
 
 
※このレシピは機関誌『楽園』81号(2020秋)に掲載したものです

PAGETOP