フィリップ殿下がMOAの支援に署名入り感謝状

タグ:

静岡県熱海市
ARC(宗教環境保全同盟)所期の目的達成し、新たなステージへ

 ARC(宗教環境保全同盟)の活動をサポートしてきたMOAインターナショナルに対して、ARCの特別顧問である英国王配エジンバラ公フィリップ殿下から感謝状が寄せられました。
 MOA美術館で2019年5月30日、ARC事務総長のマーチン・パーマー氏から森富士夫(一社)MOAインターナショナル理事長(当時)に手渡されました。感謝状はフィリップ殿下御自らが書き起こし、滅多にないという署名がなされたもの。内容は次の通りです。

フィリップ殿下がMOAの支援に署名入り感謝状 ARC(宗教環境保全同盟)活動の完結に当たり、この場をもってMOAインターナショナルのメンバーの皆さんに対して、ARC創設以来、今日までの変わらぬ支援に心からの感謝の意を表します。世界の主たる宗教が自然環境を保護し、永続させる運動に取り組むように促した皆さんの支援はかけがえのないものでした。おかげさまで宗教界は、自然環境保全という全く新しい社会関心事であり課題である事業に取り組むことができるようになりました。すなわち宗教が自然環境を保護し、支えるという新しい運動へと立ち上がるよう後押ししたのです。
 ARCの取り組みは、人口増加と産業発展が、私たちの縮小する地球の野生動植物にますます大きな圧力をかけている時にあって、自然保護運動に大きく貢献したのです。
 
心からの親愛を込めてフィリップ

PAGETOP