MOAの実践と研究発表が注目集める

タグ:

鹿児島県鹿児島市
第23回日本統合医療学会──鹿児島

MOAの実践と研究発表が注目集める 「第23回日本統合医療学会学術大会(大会長・吉田紀子同学会理事兼鹿児島県支部長)」が2019年12月7、8の両日、かごしま県民交流センターで開催され、全国から統合医療を推進する医療関係者や研究者などが参加しました。
 
 「敬天愛人─霊性を育み、自然治癒力、自己成長力を高める全人的ヘルスケアプロモーション」をテーマに、スピリチュアリティ(霊性)を真正面に見据え、新しい扉を開こうと願われた今大会では、(一財)MOA健康科学センターの研究員や全国の療院クリニックの医療スタッフらが、療院におけるスピリチュアルケアの事例や、岡田式健康法の効果に関する研究成果を発表。鹿児島療院と地域のMOA健康生活ネットワークが連携して、岡田式浄化療法と美術文化法の体験型ワークショップを行い、注目を集めました。
 
主催/第23回日本統合医療学会学術大会組織委員会、後援/厚生労働省、経済産業省、鹿児島県、鹿児島市、(公社)鹿児島県歯科医師会、(公社)鹿児島県栄養士会、(公社)鹿児島県看護協会、(公社)鹿児島県薬剤師会、(株)南日本新聞社、MBC南日本放送、KTS鹿児島テレビ、KYT鹿児島読売テレビ、KKB鹿児島放送

PAGETOP